トップ > 中野区の和食&うどん&そば > うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ

« エコシステムとは | トップ | 「モバゲー」アバター低迷でDeNAが下方修正 »

2008年10月31日

うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ

うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ■太麺、強靱なコシ、美味なる饂飩。

先日いただいた、うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ(¥750)をご紹介します。

拝見しているブログのエントリー「復活!「丹愚@沼袋」の辛みおろし」で、本当に美味しそうなせいろを見てしまい、食べたくなって、再訪しました。ですが、いざ注文をするときになり、はたと考え直しました。前回いただいたときには、かきあげぶっかけをお願いしたのですが、食べ方の段取りを間違えました…。せっかくの天ぷらを十二分に味わえないという痛恨のミス。ここはもう一度天ぷらをと考え、掻き揚げせいろを注文しました。

まずは目で味わいます。白い麺、載せられている貝割れ大根にも心配りを感じます。そしてからっと揚がり具合が見て取れる天ぷら。薬味も。様式美すら感じますね。素早く鑑賞させていただいてから、箸でおうどんを口に運びました。

う?ん。やっぱりこれくらい太いのが好みです。手打ちとは思えないほど、唇に当たる太麺はつややか。しかし噛むと歯ごたえが十分。他の方が「二枚腰」と評する、しっかりとしたコシと、歯を押し戻すくらいのコシが堪能できます。困ったのがおつゆのおいしさです。やや辛いくらいお醤油が前に出ていて、うどんの甘さを引き立てます。さらに悩ましいのが、薬味と天ぷらでしょう。うどんだけでも、おつゆにつけても、薬味をちょっぴりつけても、天ぷらとでも、どんな食べ方でももれなく美味しい。どれもこれもと味を変えている内に、みるみるせいろの中が少なくなっていきました。

天麩羅は見た目通りとても軽く、サクサクとした歯触りがうどんと対称的でした。エビの甘さ、お野菜の爽やかな苦みがうどんに薬味とは違ったおいしさを足してくれます。

噂通りの美味しいおうどんでした。ご馳走様でした。

★お店情報:中野区沼袋2-38-4、土日のみ、11:50?14:00。
ご主人のお宅にお邪魔して、おうどんを振る舞っていただくような、とても家庭的なお店です。手打ちで丁寧に太麺をお料理することから、大変時間がかかることもあります。お店の方がうどん作りに専念できるように、美味しいおうどんを求めていらしている同好の士の皆さんのために、来店の際には人数や食べ終わった方からの離席など、ご配慮をお願いします。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2008年10月31日 22:22 | カテゴリー:中野区の和食&うどん&そば

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2766

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)