トップ > 中野区のカレー > ミランの野菜カレー

« メールフォームのデザインを紹介 | トップ | インストールしなくてもウイルススキャンが出来る »

2011年4月26日

ミランの野菜カレー

ジャガイモがカレーに合うのは世の東西を問わない

中野サンモールアーケードにある、ミランで野菜カレーをいただきました。ランチセットで¥650。ナンかライスが選べ、サラダとドリンクがセットになっています。ドリンクはラッシーをお願いしました。カレーの辛さは、ベリーホットを指定しました。

まず出てくるのが、サラダとドリンク。サラダはなかなか量があります。野菜がたくさん食べられるのは嬉しいですね。

そしてナンとカレーが運ばれてきました。何となくですが、ナンが大きい気がします。ミランのナンはふっくらとしていて、もっちり柔らか。そしてバターは薄く少し塗られている、小麦の甘さが強いものです。

ミランの野菜カレー

カレーをつけながらナンを食べ進めていくと、やがてお皿の中の水位が下がり、具が頭をのぞかせました。お皿にまんべんなく入っている、いろいろな野菜たちが現れます。インゲン、にんじん、大きいブロックはカリフラワー、そしてジャガイモです。

辛さを辛くしてもらったのは、率直に申し上げて失敗だったかもしれません。独特の香りやうま味がある肉類とは違い、淡泊な野菜はその甘さが埋没してしまっています。もちろんそれぞれはおいしいのですが、野菜カレーとしての一体感はやや削がれている印象を持ちました。具が淡泊な場合、あまり辛くしない方がよいかもしれません。

そんな中、際立っていたのがジャガイモです。カレーを含んでおり、ざらっとした食感のデンプン質がカレーに負けていませんでした。

日本の家庭的なカレーだけではなく、本格インドカレーでもジャガイモが具としてぴったりとは。そんな発見がありました。

★関連エントリー:中野サンモールにカレー屋さん

★お店情報:中野区中野5-59-6KSビル、03-3388-5516、無休

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2011年4月26日 13:54 | カテゴリー:中野区のカレー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/4982

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】