トップ > 中野区のラーメン > 麺のゆで加減が絶妙だった、無鉄砲中野店のとんこつラーメン

« Windowsマシンの感染源について | トップ | Security Essentialsで誤認 »

2011年9月30日

麺のゆで加減が絶妙だった、無鉄砲中野店のとんこつラーメン

拝見しているブログ「無鉄砲 中野店@沼袋」で 知り、以前から行きたいと思っていたラーメン店、無鉄砲中野店でとんこつラーメン(750円)をいただきました。お店は西武新宿線沼袋駅下車、長い坂道の通りを上がって、上がりきったら右に曲がります。駅からですと、なかなかの距離です。

大まかな場所を頭に入れて移動をしたのですが、すぐにわかりました。隠しようのない、とんこつの香りがお店まで誘導してくれました。

無鉄砲中野店

店頭のポップで、週刊誌で紹介されたというつけ麺をフィーチャーしていました。食券機を探したところ、...ありません。そこで一番左上のメニューである、とんこつラーメンを選びました。

お店に一歩入った時から感じていましたが、男気あふれる接客ですね。JR中野駅南口の家系ラーメン店、横浜家系ラーメン二代目武道家に通じるものがあります。挙動の怪しさから、初めての客であると認識してくれたスタッフの方が、丁寧にいろいろと解説をして下さいました。ラーメンの作り方は好みを指定出来るとのこと。麺を固めに、あとは全て普通をお願いしました。ネギもおすすめされたのですが、あえて普通を食べてみることにしました。

無鉄砲中野店の豚骨ラーメン

すぐに出てきました。一目見てわかります。スープに強いとろみ感が出ていました。いただくと、ぎりぎり液体になっているという体です。とんこつのダシの他、骨の髄までエキスがしみ出していることがわかります。ぷりぷりです。

麺は細めでストレート。ですがスープのとろみのためか、とてもよく絡みます。固めをお願いしたゆで加減は絶妙で、ほんの少しだけ芯が残り、ぷちんと歯の間で爆ぜる具合は素晴らしいですね。スープに引っかかってネギもまといますので、味の濃いラーメンを最後まで楽しめました。

具では海苔が印象に残りました。濃いめのスープですと、乗りがうま味たっぷりのスープをすって...などと評されます。ですが率直に申し上げて今までそういう状態にはなったことがありませんでした。無鉄砲では、文字通りスープをすって海苔が膨らみ、重くなるほどでした。

濃いめ、と書きましたが、決して味が濃く、口当たりが重たいという風ではありません。むしろ口当たりはまろやかで、とんこつの甘さを感じます。お店に来る時に感じたとんこつの香りも、それほど強くはありません。まろやかでコクがある、そんなスープなのです。

替え玉もありますし、作り方も好みで変えてくれます。そしてテーブルに並んだごまなどの調味料群。きっと何回も通って、好みの味を作り上げていくとますますはまってしまうラーメンなのでしょう。多くの方がブログなどで述べられているスープはもちろん、麺も印象に残りました。

食べ進めると店員さんが「味が濃いですか?濃かったらあっさり風に割ることも出来ますので」と声をかけて下さいました。出る時にはお店の外まで出てきて見送ってくれます。他のお店にはない、独特の心配りがあるお店です。

★お店情報:東京都中野区江古田4-5-1、03-5380-6886、11:00-15:00、18:00-23:00(麺・スープがなくなり次第終了)、定休・月

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2011年9月30日 21:11 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/5530

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)