トップ > ワークス > 秋葉原に野郎ラーメン

« ネットで集客をし、店舗の売り上げを増やす | トップ | Twitterの乗っ取りとWordPressのバージョンの関係とは »

2012年8月 7日

秋葉原に野郎ラーメン

先日秋葉原に行きました。中野に縁がある、まんだらけの近くで小物などを物色しようと思ったら、黒と黄色の目立つ看板を掲げたラーメン店が、オープン準備中でした。野郎ラーメンです。

秋葉原のメインストリートから少し離れたところに、ラーメン大があります。そして、別の二郎系ラーメンが乗り込んできたようです。

野郎ラーメンはいただいたことがないのですが、壁面の写真はインパクト十分。どの様なラーメンであるのかを明確に物語っています。

野郎ラーメン秋葉原店

気になったのが増しのラインナップ。通常の二郎系ですと「ニンニク・辛め・野菜・アブラ」なのですが、野菜がありません。その代わり、皆が何となく知っている化調が堂々と書かれています。

一方でメニューやトッピングはいろいろとあるようですね。いただくのが楽しみです。

店頭のポスターによるとオープンは8月11日(土)、17日までオープンフェアを行うとのことでした。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2012年8月 7日 23:11 | カテゴリー:ワークス

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/6361

このリストは、次のエントリーを参照しています: 秋葉原に野郎ラーメン:

» 「野郎ラーメン@神田」で豚野郎ラーメン from ぶぅログのーと
 日本橋で仕事を終えると、もうとっぷりと日も暮れている。腹が減ったなぁと神田に向 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年8月11日 12:52

コメント

 「ヤサイ」がないのは、たぶんこの店の「ヤサイ」が炒めたものだから、でしょうか。

 ご存じのとおり、一般的な二郎系はヤサイ(と言う名の90%モヤシ(^^;)を茹でてトッピングするわけですが、ここのは(モヤシ以外にキャベツ、ニラなどを)注文毎に炒めてトッピングしています。

 思うにその炒めるときのフライパンの大きさ(充分大きいと思いますが)が「ヤサイマシ」をさせないのではないかと・・・違うかな(^^ゞ

 炒め野菜を。ここいらヘンが「せたが屋」のこだわりで、単なる二郎インスパイヤではないぞという心意気なのかもしれません。

 そのお陰か、野菜の甘みが溶け込んだ美味しいスープですよ。一度どうぞ。神田の本店の他、川崎や幕張にもあるようです。

投稿者 BUSH : 2012年8月11日 09:47

>BUSHさま
なるほど、二郎系とは一手間違うのですね。それは良いことを教えていただきました。ますますいただくのが楽しみです
と書いたものの、実は最近は秋葉原では田中そばか刀削麺のお店に行くことが多いんです(^_^;)。ぐっと他のお店の誘惑を断ち切る必要がありそうです

投稿者 shannon : 2012年8月14日 23:19

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)