トップ > サイト運営 > 桃太郎を題材としたネット炎上を描く広告について

« Lhaz、Lhaz+に修正版 | トップ | Facebookがコミュニティヘルプ提供 »

2017年7月 6日

桃太郎を題材としたネット炎上を描く広告について

「窃盗だろw」「桃の気持ち考えろ」――桃太郎で"ネット炎上"描く広告、狙いは? ACジャパンに聞く(ITmediaニュース)

今の段階のWebの世界では、見ている人への対策ということが必要です。自分、相手ではなく、第三者が積極的に関わってくる場合、これをどの様にマネジメントするかというところがポイントとなります。

そして、インターネットの世界では「炎上」と表現されるほど、あっという間に広まっていきます。よい評判が広がるのはうれしいですが、情報は一律に拡散していくので、誤解が広がると対応に苦労することになります。

記事で紹介している例は、その意味でも象徴的ですね。もしもおばあさんが桃をスルーした場合、桃太郎はその後どの様な運命となるのか。もしも不幸な結果が出たら、その責任は誰が取るのか。結果から見れば赤ちゃんを助けようとしたおばあさんの行為を、皆で止めたということになります。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2017年7月 6日 12:26 | カテゴリー:サイト運営

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/8999

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)