トップ > サイト運営 > うどん屋さんによるドタキャンSNS投稿が、実は

« 電話予約をしてくれるAIについて | トップ | エキサイトメールがサービス終了 »

2018年5月15日

うどん屋さんによるドタキャンSNS投稿が、実は

うどん屋「ドタキャン受けた」とTwitter投稿 「気の毒」と拡散したが、店も加害者も架空(Itmediaニュース)

エイプリルフールであれば、まだ慎重に受け取ることが出来たかもしれません。発信されていることが全て架空の登場人物、団体がSNSに投稿したことが、話題となりました。

お店(を名乗る架空のアカウント)が投稿した内容については、これまでも例があります。結果、インターネットで善意が集まり、フォローできたことも多く、一連のプロセスが心温まる事実として、記事で紹介されることもありました。

しかし今回は全てが架空だったことで、結果的にだまされた人が現れることとなりました。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2018年5月15日 12:51 | カテゴリー:サイト運営

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/9486

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)