トップ > 中野区のグルメ > 伝説のすた丼屋中野店の、とんこつ背脂すた丼

« RAINBOW中野のデミグラス煮込みハンバーグ | トップ | 2021年9月2日に発生した、AWSの大規模障害の原因 »

2021年9月13日

伝説のすた丼屋中野店の、とんこつ背脂すた丼

伝説のすた丼屋中野店が、店頭にポスターを貼りだしてお知らせをしていたメニューを試しました。とんこつ背脂すた丼です。ポスターには、「極濃」「すた丼比ニンニク7倍」「完成まで4年」など、完成するまでの道のりと味付けについてのキャプションがありました。期待と不安を抱えながら完成を待ちました。

すた丼屋のポスター

外見はというと、これまでの限定メニューに比べて、正直普通です。味が濃いならば、タレが濃いということなのだと思いますが、色合いが黒ではなくて黄色っぽいのが気になるところ。画像にはありませんが、お味噌汁と生玉子がついてきます。

そして、スプーンが標準でついてきました。こぼれ出るほどの背脂をすくいながら口に運べということでしょうか。

とんこつ背脂すた丼

はたしていただくと、濃い!濃いです!!お醤油とか、タレとかの濃さではありません。背脂の甘さで最初はだまされますが(?)すぐにアミノ酸の味といいますか、お肉とお野菜のうま味がぎゅっと濃縮された印象があります。スプーン一杯のタレがかかったお肉で、ご飯お茶碗一杯食べられそうな感じです。流石完成まで苦節4年、パンチある味で有名なすた丼が、なお極濃とうたうだけあります。

生玉子をかけると、味がマイルドになるのは、他のすた丼と一緒でした。ただ、もう一個くらい欲しいかもしれません。

豚肉と背脂で、基本的には甘いのですが、醤油だれとは違う濃い味に玉子の風味が加わり、味の方向性が惑わされます。心配したニンニクの風味は、意外なことにタレの味の裏に隠れていて、香りと共に目立っていません。7倍のニンニクが隠し味になってしまう。味のパンチがおわかりいただけると思います。

標準でマスクを付けている今だからこそ、試して良かったメニューです。

★お店情報:東京都中野区中野5-68-9、11:00-翌3:00、03-5942-8659。コロナウイルス感染拡大防止のため時短営業の場合があります

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2021年9月13日 21:13 | カテゴリー:中野区のグルメ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10560

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】