トップ > 中野区の洋食 > 中華料理とらーめんの店 れんが亭のカキフライライス(中野区の洋食)

« 松下が「LUMIX」シリーズ3機種を発表(ハードウェア) | トップ | 「ネットは既存メディアと同等の信頼が不可欠」ヤフー井上社長(サイト運営) »

2006年2月15日

中華料理とらーめんの店 れんが亭のカキフライライス(中野区の洋食)

中華料理とらーめんの店 れんが亭カキフライライス■一目で納得

昨日のランチはJR中野駅南口にある、中華料理とらーめんの店 れんが亭へ行きました。

駅から近いれんが亭は、実は通常メニューで中華のお粥が食べられる、珍しいお店です。テイクアウトも出来るので、ちょっと遅い朝ご飯や、飲み過ぎた後の軽いお昼などに、度々利用させてもらっています。

今回は、らーめんの定食を食べようと思い、お店に入りました。そして座ろうとすると、店内にある「カキフライ」のポップに目が留まりました。まもなくシーズンが終わってしまうカキ。名残惜しい?。そう考えて急遽変更し、カキフライライス(¥840)を注文しました。

オーダーしたときは気に留めなかったのですが、出てきたものを見てちょっと考え…そして納得。一枚のお皿にフライとご飯が載っているので、定食ではなく”ライス”なんですね。いただいたカキフライは、カラッとした感じで油ぎれもよいものでした。お醤油味の中華スープとぴりっと辛いザーサイで食が進みました。

★お店情報:中野区中野3-34-24、03-5385-8776、午前11:00?午前1:00、無休

★関連:ホットペッパー.jpのれんが亭のページはこちら

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2006年2月15日 22:49 | カテゴリー:中野区の洋食

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/1026

このリストは、次のエントリーを参照しています: 中華料理とらーめんの店 れんが亭のカキフライライス(中野区の洋食):

» 中野 中華とラーメン れんが亭 from りぞあかぷろぐ
 中野駅から丸井から丸井に行く手前に「れんが坂通り」というのがあります。そこに入 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月10日 06:01

コメント

 中華粥が食べられるなんて、確かに珍しいお店ですね(^_^)
カキフライライスもボリュームたっぷりで食べ出がありそうです(^_^)

 
 

投稿者 夜叉王 : 2006年2月16日 00:21

>夜叉王さま
そうなんです、おかゆのお店は貴重なんですよ。このポイントは、もっと話題になっていいと思うんですが…。
カキは好きなので、ラストスパートとばかりいろいろなところで食べています

投稿者 shannon : 2006年2月16日 20:38

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)