トップ > 中野区のグルメ > 田舎のダイニング山葡萄の地鶏卵 とろとろ卵のオムライス

« アニメはすでに「BDが基本」? | トップ | 「Yahoo! JAPAN」と「ニコニコ動画(SP1)」が協業 »

2008年5月 9日

田舎のダイニング山葡萄の地鶏卵 とろとろ卵のオムライス

田舎のダイニング山葡萄の地鶏卵 とろとろ卵のオムライス■高品質な素材を実感

先日いただいた、田舎のダイニング山葡萄の地鶏卵 とろとろ卵のオムライス(¥900)です。ランチメニューで、スープと大盛りサラダが付いてきます。

オムライスは見た目通り火加減が絶妙です。メニューの名前は”とろとろ卵”なのですが、どちらかというとふわふわで、レア状態から固まるぎりぎりで、火が通されている感じがします。地鶏玉子を使っているそうですが、確かに濃厚で黄身の風味が伝わってきます。

一方包まれているライスはやや酸味が強い。また、かけられたソースにはコクがある。卵、ケチャップライス、ソースはそれぞれが美味しいのですが、1つになるとそれぞれの風味が際立って、味が濃くなりました。ですが、そんな味のバラエティの中でも、一番目立っているのはやっぱり卵。濃い味で素材の良さを、優しい口当たりでコックさんの技を味えます。ランチのお値段としてはやや高めですが、納得です。

サラダも出されたのですが、名前の通り大盛りで、お野菜をたっぷりいただきました。

★関連エントリー:田舎のダイニング山葡萄がランチ開始

★お店情報:東京都中野区中野5-56-11白百合ビル1F、03-3389-5904、月・火・木?土17:00?24:00、日17:00?23:00、平日ランチ12:00?13:30、定休:水・第3火

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2008年5月 9日 23:20 | カテゴリー:中野区のグルメ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2251

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)