トップ > サイト運営 > 価格を誤表示した時の法律的な解釈

« ラーメン店さいたま屋、営業中 | トップ | JR中野駅北口改札に門松 »

2010年1月 6日

価格を誤表示した時の法律的な解釈

最近でも大きな話題となった、インターネットショッピングサイトの価格の誤表示。法律的にはどの様に考えられるかを書いた、コラムがありました。

価格の誤表示で激安に! ショップ側が注文を無効にできる条件とは(マイコミジャーナル)

「終わりに」という章はとても参考になりますね。法律的に問題がないのと、実際の対応に問題がないのは別の話。出来れば法律に照らし合わせて問題解決をしなければならなくなる手前で、対応をするのが望ましい。その為のアドバイスをご提案いただいているのは、ためになりました。

★関連(全ての記事の閲覧には会員登録が必要です):グーグル? すごいとは思わないね 井上雅博ヤフー社長が漏らした本音(日経ビジネスオンライン)

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2010年1月 6日 12:23 | カテゴリー:サイト運営

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3765

コメント

東京第七家信用ブランドコピー時計の実体の店
ブランドコピーバッグの誠実と信用の店、
24時間以内に出荷し、3?4日に到着して、
当社の販売のさまざまな国際ブランド、
ルイヴィトンバッグ、エルメスコピー、
ロレックスコピー、オメガ コピー、
シャネル時計コピー、ブランドコピーバッグ、
当社は誠心誠意あなたのためにサービス、
バッグ,財布&小物専門店 https://www.watcher007.com

投稿者 バッグ,財布&小物専門店 : 2020年1月10日 07:47

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)