トップ > 中野区のカレー > インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

« 「初音ミク作品」騒動、ドワンゴとクリプトンが“和解”コメント | トップ | 「インターネットマガジン」のバックナンバーがPDFで無償公開 »

2007年12月26日

インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)■辛さ際だつ、インドの本気?!

中野サンモールにある、ミラン中野店でLunch SET A Set(チキンカレー+ラッシー+ナン、¥650。ナンをライスにすると¥599)を食べました。

2人の店員さんがいらしたのですが、どちらも日本語が片言。メニューを指すジェスチャーで注文を済ませます。オーダーしてしばらくすると、厨房からカレーの辛さを聞かれました。5段階あるうちの、一番辛いものをお願いすることにしました。

出されたカレーは、さらさらでない感じ。大きなチキンがごろんと3?4コ転がっています。ナンは焼き立てにバターをぽとんと落とした感じで、一部にバターがかけられていました。

いただいてみると、スパイシーですね。タマネギでしょうか?野菜か何かのペースト状の食感と極々わずかのスパイスの苦みが...っと!辛い、辛いです。後から刺激が伝わってきます。これはなかなかの辛さ。口元がひりひりします。カレーの辛さは表現するのが難しいですが、口に入れるとピリッとした刺激。次にじわじわとした中辛具合が後を引き、お腹が熱くなってきます。チキンも要注意。しっかりと味が付いていて、淡泊な肉の風味で口直しにとはいきません。全体的にぺたんとしているナンで、時にスプーン状にしてカレーをすくいながら、またはチキンを挟んでたっぷりのカレーと一緒にいただきました。途中2回ほどラッシーに口を付けましたが、完食しました。

激辛でないところがポイント。これくらいならまたと、ついつい食が進むミランで一番辛いカレーでした。

激辛をウリにしているお店やタイカレーではなく、いわゆる外国の方がされているインドカレーのお店で、ここまで辛かったのは初めてです。珍しいかもしれません。インドの本気の一端を感じました。

★関連エントリー:中野サンモールにカレー屋さん

★お店情報:中野区中野5-59-6KSビル、03-3388-5516、無休

(2007/12/28:タイトルを変更しました)

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年12月26日 23:13 | カテゴリー:中野区のカレー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2099

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)