トップ > メモ > ドメイン名の更新を促す「不気味な明朝フォント」の通知に注意

« Bonjour Bon(ボンジュール・ボン)のクリストシュトーレン | トップ | 飲茶口居酒屋 香港亭 中野店の牡蠣の衣揚げ »

2007年12月20日

ドメイン名の更新を促す「不気味な明朝フォント」の通知に注意

gTLDがらみで起こっている問題を紹介(INTERNET Watch)

不気味な明朝体フォントというのが気になりますが…。確かに海外のレンタルサーバーやドメイン管理会社を使っていると、紛らわしいことがあります。しかし現実はもっと上を行っているようで、日本語ドメインやまるで投機のような詐欺まであるとか。悪質ですね。

逆に、正規のメールとして中国のドメイン「.CN」を管理しているCNNICから連絡が来るというのは初めて知りました。これからも関係が無さそうですが、念のために覚えておきたいと思います。

日本語の通じる会社とおつき合いをして、ドメインの期日は年単位のタスクで管理しておく。実際、ドメインを失効してしまった例も知っていますから、慎重になりたいです。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年12月20日 12:24 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2094

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)