トップ > 中野区のグルメ > 本場台湾の味 台湾美食のルーロー飯(魯肉飯)

« マイクロソフト、無料の動画編集ソフトをリリース | トップ | 外出時にバッテリーが無くなった時に頼りになるお店 »

2009年8月21日

本場台湾の味 台湾美食のルーロー飯(魯肉飯)

本場台湾の味 台湾美食のルーロー飯(魯肉飯)■進化した、どんぶり飯

台湾美食をのぞいてみると、ランチにルーロー飯が復活していました!これはと思い、早速注文をすることにします。¥650です。なお、スープとサラダが付いてきます。

既に具材が出来ていますので、比較的すぐに出していただくことが出来ました。

食べてみると、以前いただいた時と変わっていました。スパイスの香りがかなり押さえられています。甘辛く煮込まれた、豚の角煮のような香りに置き換わっています。

そして、お肉が大きい。ルーローは、どちらかというと細かく小さなそぼろを二回りほど大きくしたお肉が、ころころと入っているという印象でしたが、箸でつまめるほどのものがごろごろと入れられていました。

確かに、本場台湾の雰囲気そして味からは、やや離れた感は否めません。ですが、ルーロー飯を食べた時に、おそらくは誰でも思うであろう、あの感覚。つまりヤクルトを飲み干した時に「もっとがぶがぶと飲んでみたい」。あるいはプッチンプリンをぺろりと食べてしまった時の「もしもこのプリンがバケツ一杯あったら」。それらに通じる思いを具現化した、"日本式のルーロー丼"になっているのです。

具が大きく、量も増えている。添えられているのは沢庵。この変化は、ありです。

このメニューが週替わりランチセットに載せられているのが気になります。いつも気軽に食べられればよいと思います。

★関連エントリー:台湾美食の台湾そば

★関連エントリー:台湾美食の魯肉飯(ルーロー飯、ローバーベン)

★お店情報:中野区中野3-33-20、03-5342-3575、AM11:30?PM10:00

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2009年8月21日 23:23 | カテゴリー:中野区のグルメ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3456

コメント

こちらで見かけて数年ぶりにルーロー飯を頂いてきました。確かに前とは味が変わりましたね。余り中華と言う感じなくなったと言いますか。

他のランチメニューも魅力的なのでちょくちょく来店しようと思います。

そういえば、初めてこの店でルーロー飯を食べたのもこちらでご紹介頂いたのがきっかけでした。その説はありがとうございましたと言うのも変ですが。

投稿者 こしょやん : 2009年8月25日 20:40

>こしょやんさま
このお店は、よい意味で万人向けにシフトしつつあるようですね。独特なスパイスや、台湾風の麺なども好きだったのですけれど
とはいえ私もまた、他のメニューを食べてみたいと思います

投稿者 shannon : 2009年8月28日 22:13

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)