トップ > コラム > 情報のマネタイズに関するコラムを読んで

« わしやの鳥甘酢揚げ弁当 | トップ | 中野ブロードウェイのペコちゃんが夏の衣装に »

2011年7月20日

情報のマネタイズに関するコラムを読んで

インターネットの業界は、しばしば「虚業」と言われたりします。ものなどを作っていないですし、手に取ることも出来ない。「生産をしてない」と考えられているのかもしれません。

しかし近年、パッケージを持たないものが流通をする様になってきました。CDの売り上げと音楽データダウンロードの売り上げ。ゲームソフトの売り上げと、ダウンロードするゲームソフトの売り上げ。いわば、どんどんと「虚業化」が進んでいます。

一方、ビジネスとして考えると、インターネットの世界は基本的に無料という事がネックになります。一定の設備投資やランニングコストさえ負担すれば、ヤフージャパンを開けばニュースはタダで見られるわけです。これまでのメディアはスポンサーを取ることによって情報の対価を受け取っていましたが、インターネットの世界はそうではありません。

また、インターネットのメリットとされてきた手軽さが仇となり、データのコピーや移動がどんどんとされることによって、その都度情報の価値が下がってきました。

「情報」と「お金」の相性が生む既存ゲームとソーシャルゲーム違い(上)(ビジネスファミ通Blog)

拝見したブログでは、情報のマネタイズというスキームそのものが間違っていて、パラダイムの変換の必要性がさらりと述べられています。上、とありますので続きを待ちたいと思います。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2011年7月20日 12:14 | カテゴリー:コラム

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/5293

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】