トップ > 中野区のパン > Bonjour Bon(ボンジュール・ボン)のクリストシュトーレン

« IPX7 とは | トップ | ドメイン名の更新を促す「不気味な明朝フォント」の通知に注意 »

2007年12月19日

Bonjour Bon(ボンジュール・ボン)のクリストシュトーレン

Bonjour Bonのクリストシュトーレン■見た目を裏切る存在感と味

ボンジュールボンのクリストシュトーレン(¥490)を食べました。

お店で探したところ見当たりません。よく見ると、入り口すぐの左側、特設コーナーに置いてありました。…小さい、想像していたよりもかなりコンパクトです。ロールケーキやブッシュ・ド・ノエルをイメージしていました。10センチくらいの長さでしょうか。お総菜パンよりもふた回りほど小ぶりで、これがシュトーレンかと、まず驚きました。

そしてその驚きは続きます。手に取ると…重い!見かけよりもズシリとします。パン屋さんで感じる重量ではありません。戸惑いながらも買い求めました。

ボンジュールボンの看板では、「週末ごとにうすくスライスして」と説明がありましたので、薄く切ってみます。中には、ドライフルーツがぎっしりです。これらが比重を重くしているのかもしれません。

Bonjour Bonのクリストシュトーレン(切ったところ)いただくと、かかっているお砂糖がぽろぽろと落ちるのが気になりますが、フルーツの風味がすごい。ふんわりとしているもののさっくりと適度な固さもある生地に包まれて、オレンジピールやレーズンが口いっぱいに広がります。ナッツも香ばしい風味と食感を変えていて、いいですね。

パンともクッキーとも違う、これまであまりいただいたことがない生地はクセになります。もう少しカットしていただいてしまいました。

小さいのに重くて、どこか無骨なのに繊細な食感と風味で?。良い意味で裏切られる、心憎いお菓子です。

★関連エントリー:ボンジュールボンでもシュトーレンが

★お店情報:中野区中野5-59-8、03-5345-6260

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年12月19日 23:51 | カテゴリー:中野区のパン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2081

コメント

いよいよ購入されたんですね(^^)。
先日わたしも近くまでいったのですが、東急ストアで買い物しているうちに時間がなくなり、サンロードにまで足を伸ばせませんでした。

10センチくらいで、ドライフルーツがぎっしりなら、490円はお得だと思います。
わたしは先日作ったものをほんの少しだけ残してありますが、クリスマスまではもたないだろうなぁ。


投稿者 mikimaru : 2007年12月20日 09:19

>mikimaruさま
全然イメージと違ったお菓子で、そんなギャップも楽しめました。今までにない味ではまってしまいそうです。おっしゃるとおり「これを毎週末スライスして…家族でクリスマスまで残るのかな」と思ってしまいました
東急ストアに行かれたとのこと。ひょっとして?!私もクリスマス前に何とか行って確かめたいことがあるんです。明日、寄ってみようかな

投稿者 shannon : 2007年12月21日 00:34

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)