トップ > 中野区のグルメ > 飲茶口居酒屋 香港亭 中野店の牡蠣の衣揚げ

« ドメイン名の更新を促す「不気味な明朝フォント」の通知に注意 | トップ | 打ち合わせに行ってきました »

2007年12月20日

飲茶口居酒屋 香港亭 中野店の牡蠣の衣揚げ

飲茶口居酒屋 香港亭 中野店の牡蠣の衣揚げ■ふんわり衣にふんわりオイスター

丸井中野店が無くなり、かきピーマンが食べられない。かつや中野店のカキフライフェアも、早々に終了。この様な事情の中、どうしても我慢できずに先日牡蠣料理を食べてきました。飲茶口居酒屋香港亭中野店の牡蠣の衣揚げ(¥714)です。

注文すると、「少々お時間がかかりますけれども良いですか?」と店員さんに確認を受けます。もちろんお願いしました。

まずはレモンをまんべんなく搾り、ちょっぴり塩をつけていただきます。写真ではやや油のコーティングが多いように写っていますが、食べてみるとオイリーな感じは全くしません。フリッターのように厚みがあるのに、ふんわりと軽い衣。その中のカキは、これまたふんわりと火が通されていて、カキのエキスがうまみと共に押しよせます。レアのものよりも加熱されていながら、フライよりも生の感じが残っている。絶妙なバランスがたまりません。

衣も牡蠣も熱いまま、口の中をやけどしないように気をつけつついただくのが一番おいしい食べ方だと思います。大きいので一口で納めるのが大変ですが、温かいうちにいただきたい。たくさん添えていただいて恐縮ですが、お塩の付けすぎにも要注意。ちょこんと触れるだけで、十分に牡蠣が引き立つからです。

北の栄楽南の大勝軒」と比喩されるつけそばに倣うと、個人的には「北の牡蠣の衣揚げ、南の牡蠣ピーマン」と言いたい、本当に好きなカキ料理なんです。香港亭のランチメニューは¥600からで、そんな中での単品¥714。ですが後悔しません。

★関連エントリー:香港亭中野店の中華土鍋ご飯セット(中野区の中華)

★お店情報:中野区中野5-32-11シティプラザ1F、03-3388-2008、11:30?翌4:30、ランチ11:30?16:00(日祝除く)、日曜11:30?23:00、無休

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2007年12月20日 23:36 | カテゴリー:中野区のグルメ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/2095

コメント

「つな八」の「かきピーマン」は食べた経験はないです。
そんなにうまいのなら、食べてみます。
中野丸井店へは3回(かな)しか行っていませんでした。

メールを「綱八」さんから毎月いただいています。
以前は誕生日にワインプレゼントがありました。

牡蠣に熱を入れる料理は難しい。

フリッターは衣が苦手です。

中野の焼き鳥屋さんで牡蠣を備長炭で焼いてもらえるところが
ありますよ。
ただし、私は最近行っていないので、
正確な情報とはいえませんが。

塩味で、つまみに最高です。

私は薬師駅北口の住人です。
こちら方面にも、カキフライのでかいのが生息している
とんかつ屋があります。

投稿者 つぐ : 2007年12月21日 20:26

>つぐさま
コメントありがとうございます。食べ物は人それぞれの感想がありますので、ほどほどにお受け取り下さいm(_ _)m。かきピーマンですが、カキの風味がうまく天ぷらに昇華される場合と、臭みに変わる時があり、当たりはずれがありますが、多くはおいしくいただいています。経験上、つな八の新宿店ですと1Fのカウンターが一番おいしくいただけると思います
薬師駅は年に何回か利用しないため、気になっているエリアです。よろしければコメントでオススメのお店などをご紹介下さい(^^)/

投稿者 shannon : 2007年12月22日 00:36

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)