« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »


1  2  3  4  5


2008年10月31日

うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ

うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ■太麺、強靱なコシ、美味なる饂飩。

先日いただいた、うどん 純手打ち工房 丹愚(たんぐ)の掻き揚げせいろ(¥750)をご紹介します。

拝見しているブログのエントリー「復活!「丹愚@沼袋」の辛みおろし」で、本当に美味しそうなせいろを見てしまい、食べたくなって、再訪しました。ですが、いざ注文をするときになり、はたと考え直しました。前回いただいたときには、かきあげぶっかけをお願いしたのですが、食べ方の段取りを間違えました…。せっかくの天ぷらを十二分に味わえないという痛恨のミス。ここはもう一度天ぷらをと考え、掻き揚げせいろを注文しました。

まずは目で味わいます。白い麺、載せられている貝割れ大根にも心配りを感じます。そしてからっと揚がり具合が見て取れる天ぷら。薬味も。様式美すら感じますね。素早く鑑賞させていただいてから、箸でおうどんを口に運びました。

う?ん。やっぱりこれくらい太いのが好みです。手打ちとは思えないほど、唇に当たる太麺はつややか。しかし噛むと歯ごたえが十分。他の方が「二枚腰」と評する、しっかりとしたコシと、歯を押し戻すくらいのコシが堪能できます。困ったのがおつゆのおいしさです。やや辛いくらいお醤油が前に出ていて、うどんの甘さを引き立てます。さらに悩ましいのが、薬味と天ぷらでしょう。うどんだけでも、おつゆにつけても、薬味をちょっぴりつけても、天ぷらとでも、どんな食べ方でももれなく美味しい。どれもこれもと味を変えている内に、みるみるせいろの中が少なくなっていきました。

天麩羅は見た目通りとても軽く、サクサクとした歯触りがうどんと対称的でした。エビの甘さ、お野菜の爽やかな苦みがうどんに薬味とは違ったおいしさを足してくれます。

噂通りの美味しいおうどんでした。ご馳走様でした。

★お店情報:中野区沼袋2-38-4、土日のみ、11:50?14:00。
ご主人のお宅にお邪魔して、おうどんを振る舞っていただくような、とても家庭的なお店です。手打ちで丁寧に太麺をお料理することから、大変時間がかかることもあります。お店の方がうどん作りに専念できるように、美味しいおうどんを求めていらしている同好の士の皆さんのために、来店の際には人数や食べ終わった方からの離席など、ご配慮をお願いします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

エコシステムとは

■「本来は生物学における生態系を意味する単語だが、」(ビジネス用語辞典)

拝見したインターネット関連のブログで、繰り返し出てきた単語があり、意味を調べてみました。当然、検索エンジンではエコロジー関連の言葉がたくさん出てきて、たどり着くのに少し苦労しました。

参考にした解説サイトでは、掲載がされたのが2005年。最近使われ始めた単語ではなかったのですね…。

ビジネスモデルよりも広範囲で、その分抽象的な言葉といったところでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月30日

カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)

(このお店は閉店しました:2010/04/26追記)

カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)■あっさりとしたカレーライス

先日いただいた、カレーマニアカリーブのカレーライス(チキン)(¥577)です。ランチメニューの一番上に乗っかっていたので、お勧めだと思いカレーライスを選んでみました。

出していただいたのは、ちょっとライスの量が多いカレーライス。そして、ご飯はジャポニカ米ですね。一口いただくと、とてもマイルドです。スパイスの刺激はなく、ほのかにターメリックの香りが漂ってきます。ざらっとしているのは、ひょっとしてお野菜かフルーツのペーストでしょうか。むしろ甘い気がします。

やっぱりルーに比べてご飯の量が多かったですね。お腹一杯になりました。

エスニックなお店のカレーとしては、いい意味でクセがない。そして、メニュー名のカレーライスの通り、食べ親しんだ日本のお米で、インドカレーをいただく。コストパフォーマンスもいいですし、珍しいお店でした。

★関連エントリー:中野サンモールにカレー屋さんがオープン

★関連エントリー:デシュカフェ&レストラン 南アジア料理の特別ランチ チキンカレー&ナン

★関連エントリー:インド&ネパール料理 ミラン中野店のAランチセット(チキンカレー、ラッシー、ナン)

★お店情報:東京都中野区中野5-59-6-3F、03-3388-5352、ランチ11:00?16:00、ディナー16:00?23:00。姉妹店にハラルフードと香辛料「ルンビニスパイスマート」(杉並区高円寺南3-53-15、03-6765-2224)があるそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

Googleストリートビューに波紋広がる

■『総務省は「非常に関心を持っている」として注視している。』(ITmedia News)

NHKのニュースや新聞などでも取り上げられ、徐々にグーグルストリートビューの認知が高まってきたと感じます。偉い人から、「自分の家の前の道路が、ネットで見られるんだって?」と尋ねられることも、何度かありました。

その場で出すと、「おお、見える見える」ですとか「近所の知り合いの方が車を車庫入れしているところがちょうど写っていた」など、おおらかな反応が返ってきます。行きつけの場所ですとか、今度行かなくてはならない訪問先などを見る方もいらっしゃいました。

認知の高まりも感じますが、ネットの世界とのギャップもまた感じます。今のところは仕事には応用しないつもりです。

記事の後半も興味深く拝見しました。新聞社の取材に、グーグルはメールで答えているんですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月29日

JR中野駅近くの味七が営業再開

JR中野駅近くの味七が営業再開近隣で発生した火災の為、長らく営業を中断してた味噌ラーメンやさんの味七。JR中野駅から近いいため、行きやすかったお店。通称、青のれんの味七です。

今日、お店の前を通りかかったらお昼の営業をしていました。

お店の前には、まだまだ足場のようなものが組まれていて、復旧作業中のような感じがしますが、お店の中ではたくさんのお客が、味七のラーメンに舌鼓を打っていました。

お店の外の「つけ麺」のタペストリーが目を惹きます。味七は、味噌ラーメンがおいしいお店として有名なのですが、つけ麺を前面に押し出してきています。何か変わったのかもしれません。いただくのが楽しみです。

★関連エントリー:味七(青のれん)の塩らーめん

★関連エントリー:中野のラーメン?味七中野本店の特みそ(”赤のれん”といわれる、別のお店のご紹介です)

★すぐ近くにあるラーメン屋さんのエントリー:喜神の和風つけ麺

★お店情報:東京都中野区中野5-63-6、03-3389-9393、11:00?スープ終了まで、無休

(注:初出時、一部お店の名前が間違っておりました。訂正させていただきます。2008/10/29)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:53 | コメント (4) | トラックバック

“本流”になりつつあるTwitter

■「Twitterのアクティブユーザー数は過去1年間で7倍に」(ITmedia News)

アメリカとは事情が違いますから、一概にはいえませんがTwitterの人気が今ひとつ実感出来ません。

シリコンバレーでは、ビジネス用途にも使われていること。携帯電話からの投稿が多いことなどが紹介されています。メッセンジャーやスカイプで「今考えていること」を表示している-そういうイメージなのでしょうか。

有名な会社経営者や、芸能人の方が使い出すと、日本でも変わってくるかもしれませんね。

★関連:無料 SNS の『Twitter』がテロリストに悪用される恐れ?(japan.inetenet.com)

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:07 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月28日

かつや中野サンモール店の大つぶカキ丼

かつや中野サンモール店のカキフライ丼■カキフライが手軽に食べられる

先日いただいた、中野サンモールにあるかつやの大つぶカキ丼(¥619)です。

カキフライは白米でいただきたのですが、丼は珍しいと思って注文してみました。お丼の半分に千切りキャベツが敷き詰められ、反対側にはカキフライが4つ並べられています。

心なしか、定食スタイルでいただくよりもカキフライとライスのほんのりとした甘みを感じました。カツ丼やカツカレー同様、カキフライは油ぎれがよく、さくっとした歯ざわり。お腹に軽いも軽く、箸が進みます。

こういったどんぶりですと、卵とじがされているものがありますが、敢えてそのまま載せられたカキフライ。おいしくいただきました。

かつやの料金表示は大きいものが税抜きで、後にやや小さく税込みの全部の金額が書かれています。お会計の時に、¥600でおつりをいただこうと早とちりをしてしまいました。次は注意したいです。

★関連エントリー:かつや中野サンモール店のカキフライ定食(中野区の洋食)

★関連エントリー:かつや中野サンモール店のカツカレー(中野区のカレー)

★関連エントリー:なか卯中野南口店の牡蠣とじ丼

★お店情報:中野区中野5-67-9、03-5913-2739、10:30〜深夜2:00、定休は正月のみ、 ホームページはこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

Powerpointのテンプレート作成方法

教えてGoo

パワーポイントのテンプレートを変えたいと思って、やり方を調べました。意外と情報があるホームページが見あたらず、教えてグーにたどり着きました。

知ってみれば何のことはありません。保存する時に「テンプレート」の形式を選ぶだけ…。ワードですとワード形式ですとか、テキスト形式など保存方法を変えることがありますが、パワーポイントではやったことがありませんで、盲点でした。

新しくロゴをつっくったり、配置をいろいろと試してみたり。なかなか時間がかかってしまいました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:34 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月27日

中野駅南口の、看板のある風景

JR中野駅南口の通りを歩いていました。メイン通りから一本高円寺よりに入った、裏通りです。ザッツバーガーカフェや、カレー屋さんのパペラがある道です。

ふと見ると、趣のある建物が建っていました。古さの中にも、どことなくモダンな感じがします。

中野駅南口の、看板のある風景

ミシン屋さんのようで、建物の壁には、いくつもの看板が貼られていました。昔懐かしい、ホーローの様な看板です。使われている文字も、どこかレトロ。下の看板はプラスティック製のように見受けられますが、こうして並んでいるとなかなかそれらしく見えてきます。

繰り返しますが、1つ向こうの通りはバスが通り、アーケードもある大きな道。別の世界のようで、どこか時間もゆっくりと流れている気すらしました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 21:12 | コメント (0) | トラックバック

アキバのアニメ店舗はネットとどう“戦う”か

アニメ関連商品が、ネットだけでそろう時代になってきた。(ITmedia News)

ホームページを開設するのは、突き詰めれば直接的にであれ間接的にであれ、利益確保の手段として、ということになります。ですがB to Cですと、インターネット通販という手段がだんだんと存在感を増しており、ウェブの導入=通販の開始という選択肢を提案しているところが増えてきたのも事実です。

様々な事情で通販に進出をするのではなく、店頭で物販を行う時にどうネットと向き合っていくか。アキバという場所、マニアがいる商材であっても、むしろだからこそお店の方は工夫をされているようです。

ウェブを提案する時に、どの様にビジネスに役立てていただけるかは、ケースバイケースですので慎重に考えたい。そんな時の「お店での販売促進」のヒントになる、インターネットの世界では珍しいニュースでしたので、目を惹きました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク

投稿者 shannon : 12:24 | コメント (0) | トラックバック


1  2  3  4  5