トップ > 中野区のラーメン > らーめんKaeruの油めん

« 鉄道会社などのウェブがダウン | トップ | デイリーポータルZのマネタイズ »

2009年10月 9日

らーめんKaeruの油めん

■トッピングのワンダーランド

先日いただいた、らーめんKaeru(中野駅からの行き方はこちら)の油めん(¥800)です。中野ではつけそばが有名ですが、ラーメン亜流のジャンルとして見逃せないのが油そば。汁なしでタレを直接麺にからめていただくその食べ方は、ラーメンの命とも言えるスープを敢えて禁じ手とし、お店秘伝であろう調味料と個性の強い麺を味わう、指向性の高い一杯です。中野駅周辺ではなかなかお目にかかれないメニューだけに、楽しみにしていました。

「野菜、タマネギ、ニンニク、油、生卵、ご飯」と選べるトッピングから、野菜とタマネギをお願いしました。最初に生卵も指定したところ、店員さんから「1つ分、黄身が既に載っていますが?」と確認をされ、キャンセルに。心配りを感じます。

らーめんKaeruの油めん

出てきたのは、確かに”油めん”でした。いわゆる、油そばとは2つが大きく違いました。まず、ひたひたくらい汁気があること。写真では見ることが出来ませんが、めんが浸るか浸らないか位、スープが隠れています。もう一つが、黄身の下に台座のように鎮座している、脂です。作っているところを拝見したら、いわゆるトッピングの「脂」指定の時のように、粗めのザルで背脂をチャッチャとどんぶりに落としていました。脂はお願いをしていないのに、なぜその工程が?と不思議だったのですが、ら?めんkaeruではこれが特徴なのですね。

いくつかあるトッピングで、2つを指定したのにこのボリューム。脂と黄身は標準でついてきます。さらには、ラーメンと違ってスライスではなく、ブロックで入っているチャーシューも加わり、トッピングが勢揃いです。

kaeruはどちらかというと甘口なラーメンだと思いますが、油めんですとその特徴が際立ちます。脂とタマネギが動物性・植物性の甘みを付け加え、奥深くなっています。

ラーメン同様、テーブルに備え付けられているタレ・お酢・一味唐辛子でそれぞれ濃さ・丸み・辛さを好みにして、いただきました。麺の風味が十分に味わえる、おいしい油そばでした。トッピングが目立ちますが、なかなかどうして。麺も負けていません。この麺だからこそ、トッピングを贅沢にしてもバランスが取れるのでしょう。

ラーメン二郎風ということで、ラーメンフリークでは盛り上がっているお店ですが、ひょっとしたら店員さんにとっては不本意かもしれませんね。呪文のようなオーダーや、長い行列、ひたすら大盛りのどんぶりを無言でがつがつと食べる的な、一見さんお断りといった雰囲気などとは無縁。おしゃれなお店でイケメンな店員さんが親切に接客をしてくれる、中野の多くのところと同じな、敷居が無く気さくに美味しいラーメンが食べられるお店です。

★お店情報:中野区中野5-56-15、11:00?15:00、17:30?21:00

★関連エントリー:らーめんKaeruへの行き方

★関連エントリー:らーめんKaeruのらーめん

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2009年10月 9日 22:53 | カテゴリー:中野区のラーメン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/3565

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)