トップ > メモ > オンライン決済サービスが消費者保護の取り組み

« 中野もつよしのもつ | トップ | 刺激的なカレーパンフェアまもなく »

2010年6月30日

オンライン決済サービスが消費者保護の取り組み

ペイパルが新しい取り組みをしているという記事がありました。

ペイパルジャパン、商品不着時の全額補償金プログラムを開始 (INTERNET Watch)

先方のサイトでは「買い手保護プログラム」と名をうっています。ですが、料金の支払いや商品の不着などは、ショッピングサイトを運営する売り手にとっても、頭が痛い問題でして、オンラインショッピングサイトを制作したり、運営したりするときの論点の一つとなります。

立場を変えて、運営者からはどのようなサービスが受けられるのか、メリットがあるのか。場合によって考慮に入れることがあるかもしれません。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2010年6月30日 12:05 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/4088

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】