トップ > メモ > Googleロケーション履歴の効用について

« 中野サンモールのこいのぼり2020 | トップ | スマホサイズのカード型PC »

2020年4月 7日

Googleロケーション履歴の効用について

新型コロナで考えた、Googleロケーション履歴の効用(ITmediaニュース)

便利な機能、そして今だからこそ有用だと考えられるGoogleロケーション履歴について記事がありました。便利なことだけでは無くて、ユーザーから見ると違和感があることも、きちんと書いて説明をされています。

この様な機能は、便利さと安全性と天秤にかけることになります。スマホを無くしたときに探す機能も同じですね。位置情報を記録して、発信をする。その機能が許可されていないと、スマホは記録も発信もしません。安全ですが、いざという時に探せない。どちらを取るか、ということになります。

集めるデータは匿名化されているというのは、都市伝説として疑われることもありますが、たいていの場合その様になっています。極端な話、使っているスマホに広告を配信する場合には、個人情報はいりません。どのスマホの、どのアプリで、どんな内容がよく見られているのか、というデータを集計して、興味があるであろう広告を出すので、一般論として、名前や住所は必要ないのです。むしろ、個人情報を扱うと、安全性の確保に法的責任を負い、コストをかけなくてはならないので、「個人情報」は持たないに越したことがありません。

バランスを考えて使いたい機能です。

<

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2020年4月 7日 12:08 | カテゴリー:メモ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10167

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)