トップ > 中野区のグルメ > STEAK & WINE 味のグリル 洋一亭のステーキランチ

« 老舗銭湯とクラウド導入 | トップ | Wi-Fi環境チェックツールWiFiman »

2020年6月26日

STEAK & WINE 味のグリル 洋一亭のステーキランチ

JR東中野の南口にある、洋食レストラン洋一亭にいってきました。東中野駅のホームから見えるので、ご存じの方も多いと思います。

洋一亭の看板

ホームから見えているのに、実際に行くとなるとぐるっと回らなくてはいけません。そして、きっと皆さん迷われないと思います。なぜなら、通りに、かなり主張の強い看板が出ているからです。これでもかとメニューが書いてあります。そしてどれも美味しそう。お店に入る前に、悩んでしまいます。

洋一亭

この時には、始めてのステーキにしてみました。牛ランチステーキ定食です。

最初に、サラダとスープが出てきました。

スープとサラダ

サラダは酸味の効いたドレッシングがかけられていました。コーンポタージュは、ややとろっとした感じで、コーンの甘みが十分に出ています。なめらかで香りも高い。正直に申し上げて、お丼いっぱい飲みたいコーンスープです。

そしてメインディッシュのステーキです。

洋一亭のステーキランチ

既にカットされています。焼き加減はミディアムレアという所でしょうか。レモンとバターが載せられています。ソースもありました。野菜も添えられています。そして、謎のソース?は、何とカレーでした。ライスにどうぞだそうです。そういえば、心なしか、ライスの量が多い気がします。

洋一亭のステーキランチ

ステーキはとても柔らかく、ですが肉のうま味を感じました。そのままいただけば、赤身の独特の香りと香ばしい味がします。脂身は甘く、お肉と一緒に口に運ぶとより一層美味しくなりました。ソースをかければ、ご飯が進む。食べやすいのにお肉の存在感を感じるステーキです。素材はもちろん、きっと下処理など工夫が十分にされているのでしょうね。

お肉を半分ほど食べたら、ちょっと箸休めです。ちょっぴりカレーライスを楽しみながら、またお肉に戻る。幸せな往復でした。

洋一亭のカレー

インターネットなどで拝見すると、地元の有名店、人気店ですので、さすがの味、そしてコストパフォーマンスです。

ですが、訪れたときには先客も、後から入ってくる方もいらっしゃらず、お昼時だというのに貸切状態でした。テイクアウトをやっているみたいで、何人か取りに来た方がいらっしゃったみたいですが、出来れば店内で雰囲気と共に十分に味わいたいもの。

空いていてラッキーだとは思いませんでした。こういうお店は、混んでいたけれどたまたま入れてラッキー、となるべきです。

★お店情報:東京都中野区東中野1-56-1 大島ビル第一本館 1F、03-3363-7826、11:00-15:00、17:00-22:00、定休・日、祝日

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2020年6月26日 22:01 | カテゴリー:中野区のグルメ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10190

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)