トップ > サイト運営 > 2021年3月5日、消費者庁がネットの表現で改善を要請したこと

« 2021年3月5日の中野通りの桜 | トップ | 世界規模でExchange Serverが攻撃を受けている件 »

2021年3月10日

2021年3月5日、消費者庁がネットの表現で改善を要請したこと

消費者庁がインターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の改善を要請 (210309)

情報を発信する側として、特に気をつけるのが健康関係です。法律関係で規制をされているだけでは無く、誤解を与えないような表現にする必要があります。わかってやっていても、善意を持って避けても、いずれにしても超えてはならない一線があるのです。

テレビなどで、「個人の感想です」といった注意書が出るのも、その一環でしょう。よいものだと思い、お客さまに届けたいと願っても、やり方には注意をする必要があります。

直接的でも、間接的でも、関わる場合は監督官庁や業界団体が定めているガイドラインをよく確認して、避けるべきところは避ける。それがリスク管理につながります。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2021年3月10日 12:40 | カテゴリー:サイト運営

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10393

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】