トップ > ハードウェア > 秋葉原の2021年7月のメモリ価格動向

« 中小企業のテレワークに関するQ&A集が公開される | トップ | ウェザーニューズのCookieに頼らない広告について »

2021年7月19日

秋葉原の2021年7月のメモリ価格動向

DDR4 16GB×2枚が4ヶ月ぶりに1.3万円割れとなるも、相場全体は上昇傾向(AKIBA PC Hotline)

PCを導入した際に、一番手軽に増設をするのがメモリです。標準、純正部品でカスタマイズできれば安心で間違いなく、いざという時も保証の範囲内ですが、一方で自前で増設という誘惑も避けがたい。コストパフォーマンスが違います。

などということが通用したのは個人的な感覚ですと3年くらい前まででしょうか。パーツが値上がりをしていて、なかなか値段のアドンバンテージが取りにくくなりました。

記事は秋葉原のパーツショップを定点的に見ていらっしゃるので、間違いないでしょう。最近離れていたせいか、正直に申し上げて高いと感じます。バルク品ですと過去の思い出から情報を引っ張ってきてもなじみがある感じになりますが、正規品との価格差を見ると昨今の動向を思い知らされます。

Windows11のお話も出ていており、メモリは積めば積むほどに越したことはありません。増設の際には、動向を見ながら導入時期を判断することとなりそうです。

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2021年7月19日 12:36 | カテゴリー:ハードウェア

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10508

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】