トップ > 中野区のグルメ , 中野区の居酒屋・ダイニングバー > RAINBOW中野のデミグラス煮込みハンバーグ

« ネットで誹謗中傷されたら、特定するというやり方 | トップ

2021年9月10日

RAINBOW中野のデミグラス煮込みハンバーグ

RAINBOWでランチを食べました。中野ブロードウェイと中野サンモールアーケードの間の、細い道にあるお店です。

この通り、台湾風唐揚げ屋さんとミスタードーナツから始まり、つけ麺屋さんとオムライス屋さんで終わる、狭いながらも色々なグルメがそろっています。そんな中にある、RAINBOWは主にお肉料理のランチがいただけるお店です。この時は、デミグラス煮込みハンバーグをいただきました。牛タン入りとのことです。

ランチのサラダとドリンク

平日のランチですので、サービスでドリンクがついてきます。また、運ばれてくるまで気がつかなかったのですが(おそらく、前回も忘れていたと思います)、ご飯は玄米ご飯でした。

まずはドリンクとサラダが出てきます。サラダ、結構ボリュームがあります。そして鉄板に載せられて、ジュージューと音を立てながらハンバーグが運ばれてきました。店員さんが、鉄板にお気を付け下さいというのも納得の、アツアツ具合です。

玄米ご飯

印象は、肉、です。お店のコンセプト(?)に違わず、肉々しい。挽肉の加減はやや粗めで、そして固い。ふんわり柔らかジューシーというトレンドとは真逆です。硬派です。コショウの味が効いていて、赤身肉の味を引き立てています。

RAINBOWのデミグラス煮込みハンバーグ

率直に申し上げて、煮込みハンバーグという名前から想像する柔らかさと、デミグラスの味はありません。ソースに負けないくらい、肉本来の味が濃いのです。牛タンが入っているのか、お店の方の成形時の力加減と根性がなせる技なのか、ハンバーグがぎゅっとしています。崩して、ちょっぴりソースを付けていただく。肉の赤身の味が口に広がります。玄米ご飯が進みます。

ハンバーグをいただいたのに、脂分を感じず、ご飯が玄米ですので、罪悪感がありません。箸で崩れるハンバーグを軟弱だとお思いの方に、体当たりして欲しい、硬派な仕上がりのハンバーグです。

★お店情報:東京都中野区中野5-55-16、050-5595-2000、ランチ11:30-17:00

【スポンサーリンク】

投稿者 shannon : 2021年9月10日 22:34 | カテゴリー:中野区のグルメ | カテゴリー:中野区の居酒屋・ダイニングバー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakanohito.com/mt/mt-tb.cgi/10550

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

【スポンサーリンク】