デジタルを使った親孝行

NTT Com、”デジタル親孝行”が広がっているとの調査レポート(INTERNET Watch)

デジタル親孝行とはと思ったのですが、なるほどな記事でした。

記事の最後のまとめはともかく、写メールで写真を携帯電話から送信したり、テレビ電話をしたりなどは、意外とコミュニケーションの手段として効果的で、それならばと苦手意識を払拭すべく使い方のレクチャーを受けるなど、デジタルデバイスを使うための第一歩を踏み出す場合が多かったりします。

機器の進化によってコミュニケーションの新しい方法が生まれ、そこに新しいものを使いこなそうとするインセンティブが生まれるということなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました